2014年03月01日

ウクライナ情勢

PAGEBOY(ページボーイ)|カーディガン パーカー スカート パンツ
PAGEBOY(ページボーイ)|リュック ショルダーバッグ ハンドバッグ
ANOKO 口コミ|ジャージ ニット パンツ デニム|アウトレット
大阪ハーブ店|店舗が遠ければ通販で【サントリーのエンハーブ】
渋谷ブランドゥール(Branduru)の一番人気は「宅配買取」です!


JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)|アウトレット セール
JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)|relume レリューム
JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)|レサージュ
JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)|レディース メンズ
JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)|オンライン バッグ
ウクライナ情勢が更に緊迫してきましたが、ウクライナはこれからどうなるのでしょ...
ウクライナ情勢が更に緊迫してきましたが、ウクライナはこれからどうなるのでしょうか? EUいるを目指すのか?ロシア寄りになるのか? 『ウクライナの首都キエフ中心部「独立広場」で20日、反政権デモ隊と治安部隊が衝突し、報道によると、銃撃で負傷者が出た。 与野党は19日、事態悪化回避で「停戦」に合意していたが、破られた形だ。 18日からの衝突による死者は少なくとも28人に増加しており、情勢は一段と混迷を深めている。 一部デモ隊はここ数日間、小銃等を使用している。 与党でも野党でもない過激派主体の第三勢力が台頭して統制が効かなくなっており、この勢力は停戦を拒否していた。 またデモ隊が議会に侵入し、議員を拘束したとの報道もある。 ヤヌコビッチ大統領は20日を「服喪の日」にすると決め、親欧州連合(EU)派と親ロシア派に割れた国民が悲劇を乗り越えて和解するよう要請。 ヤヌコビッチ大統領と会談した野党指導者のビタリ・クリチコ氏は「強制排除を行わないとの言質を得た」と明らかにしていた。 20日にはフランスのファビウス外相、ドイツのシュタインマイヤー外相、ポーランドのシコルスキ外相がキエフを訪問し、各国の仲介が本格化している。 事態打開に向けたヤヌコビッチ大統領の取り組みが不調に終われば、欧米諸国は政権への制裁に乗り出す構えだ。 一方、ロシアは過激化するデモ隊に肩入れする欧米側を批判している。』 ウクライナ情勢が更に緊迫してきましたが、どうなるでしょうか?(続きを読む)


ケリー米国務長官:ウクライナ情勢正常化のためロシアと協力進める: The ...
米国のジョン・ケリー国務長官はロシアのセルゲイ・ラヴロフ外相と電話会談を行い、ウクライナ情勢の正常化のためにロシアと米国は協力を進める、と表明した。ロシア外務省が発表した。(続きを読む)


posted by KJO243 at 15:25| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。