2013年06月14日

前髪ぱっつんにもいろいろあって。

語源は「前髪ぱっつん」だとされ、この「ぱっつん」は前髪をハサミで一直線に切る擬音だとされている(前髪をぱっつんと切る→前髪ぱっつん→ぱっつん)。二次元ではバッフ・クラン(伝説巨神イデオン)や地球帝国 (トランジスタにヴィーナス)などが国家ぐるみで男ぱっつんを推奨しているほか、現実においても中世ヨーロッパでは割とよく見られる髪型だった事が知られ ている。男性の場合は、現在では子供を除くと単に変な髪型だと見られる事に成りがちである。
ぴっちりぱっつんは、前髪の部分に隙間が無い、もしくはほんの少ししか隙間が無く、地肌が見えないほど前髪がぴっちりしている状態で、「ぱっつん」として想像される最もスタンダードなスタイルであり、誰の目から見てもぱっつんに該当する、また髪の毛全体が一体化して見えるため上手く表現されないと重そうな見た目になったり、ヘルメットのような感じになりやすい。切りそろえる位置は時代や人によって異なるが、概して少女性や幼さが強調される特徴を持っている。センターぱっつんは、顔の中心部分の前髪のみぱっつんであり、両サイドは横に流されている状態で、センター部分しかぱっつん要素がないため、ぱっつん度は低くなる。
ゆるぱっつんは、毛先は全て揃っているが前髪のところどころに隙間があり、地肌の部分が確認できる状態で、肌が見えている割合によってぱっつん度が異なり、隙間が大きければ大きいほどぱっつん具合は低くなる。ぱっつんは前髪に関して使われる言葉なので、おかっぱや姫カットなどもこのぱっつんの要素を含んでいる。まっすぐ一直線上に切りそろえた状態を指すが、軽い弓状に切りそろえられているものも範疇に入る。
片側ぱっつんは、前髪の左右どちらかを横に流し、ぱっつんが途中で途切れている状態で、ぱっつんでありながら凸成分も含まれたスタイリッシュなぱっつん。ぱっつん(前髪ぱっつん)とは女性の髪型の一種である。
posted by KJO243 at 19:42| 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。