2013年07月08日

微熱の時はにんにく注射

風邪のひきはじめや疲れがたまった時などに微熱が出ることがありますが、こういうときはにんにく注射が絶大な効果を発揮します。

個人差はあるでしょうが、微熱というのは、仕事やスポーツで無理を重ねて疲労が蓄積したときなどに起きやすい症状です。冬に薄着のまま過ごすなどして、ひどく寒い思いをすると、しばらくして微熱が出ることも、多くの人が経験していることだと思います。

微熱は身体の注意信号です。身体が細菌、ウイルス等と「闘っている」証拠でもあります。というより、365日わたしたちの身体は闘いを続けているのですが、一時的に弱ってくると、常温の範囲内で対処することができず、より高い体温で闘わなければなりません。これが微熱です(微熱 にんにく注射)。

微熱は、疲労物質である乳酸を除去しきれなくなっているサインでもあります。

こんな状態の身体には、「助け舟」を出してやる必要があります。ここで必要な助け船は、主としてビタミンB群です。

にんにく注射はビタミンB群を主成分にしています。微熱の身体にとって、これほどありがたい、タイムリーな「助け舟」はないでしょう。実際のところ、多くの経験者が、微熱に対するにんにく注射の効果を報告しています。

にんにく注射はビタミン剤なので、副作用の心配もなく、微熱の際は、一度試してみる価値がありそうです。
posted by KJO243 at 01:45| 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。